読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

固定読者を得るための中廊下戦略について

みなさんはブログを読むとき、ブログ名を気にしますか?
僕は気にしません。内容しか見ていない。
多分これって多くの人がそうだと思うんですよ。
だって見てくれる人はブログタイトルなんて求めてないんですから。

固定読者を得るためにはブログに既視感を与えなければならないと思います。
わかりやすく言えば特徴を与える。
「あ、このブログ見たことある。前の記事も面白かったし読者登録しよう!」
こんな流れで読者登録する人が多いのではなかろうか(中廊下)
既視感といってもどこにでもあるブログだなあという意味ではありません。
よくデフォルトテーマでブログをやっている方を見ますが、よほど特徴的な文体でなければ既視感を与えることは出来ないと思います。デザインもそのブログを見分ける基準になります。
でも僕はあんまり見ていないし、素人があがいたところで同じようなデザインしか作れないんです。
他のブログには無いような特徴を、来た人が見るところにつけよう!ってのが中廊下戦略です。

名前の由来なんですが、
「『〇〇なんではなかろうか』っと。あれ、なかろうかと中廊下って発音同じじゃんwwギャグ入れるかww」
と思って記事に書いたのがはじまりです。あの時はテンション壊れてた。
思いつきで書いたんですけどこれって自分の特徴にならないか?と思ったんです。そしてなるべく入れるようにしていると。

中廊下戦略とは文章に特徴を持たせることで読者に既視感を与え、購読者数を増やそう!という戦略です。