読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

広大なインターネットの中でユニークな人間になるためにはどうすればいいのか

インターネットは広いです。でも狭かったりもします。狭く感じるのは大きなサイトがあるからなんですが、その話はいつかします。この記事は世界に1人だけの自分を大切にして生きていこうなんてことではなく、同じ内容をインターネットに流すなということだったりしますがお付き合いください。


f:id:kouas1100:20140416215629j:plain
photo by pakutaso.com


ブログを書くということはインターネットの海に文章を流すということですから、そこには責任がついてきます。法律を守るという事もそうですが、ローカルルール、場の空気を読むなんてことも要求されたり。つらいですね。気軽に駄文を垂れ流す場所が出来た!お友達が増えたりして最高だねという感覚で使っているとどこからか斧が飛んできて頭に刺さります。

僕らは何かを調べたいとき検索をします。そのとき明らかに不要な情報が混ざっていたり、何回も見たからいいよ…ってものがあったりします。その責任は大体ブログを書いている人にありまして、自戒の意味も込めて反省しなさいと思うんです。もちろん善良な人もいますけどね。ノイズの種類としていくつかあげます。

1.アンテナサイト
2.アメブロに書かれた全く役に立たない情報
3.アメブロに書かれたどうでもいい報告

もーえろよもえろーよー。アンテナサイトですが*1無駄に検索順位高かったりわかりにくいアダルト広告が入ってたり本当に迷惑なのでおーぷん、scを道連れにしてだいばくはつしてほしいです。アメブロ関連は「商品買ったよ!!!」としか書かれていなかったり「ウイルス感染した!!!〇〇ってウイルスらしいんだけど親切な人に教えてもらって直してもらったよ!!!」という中途半端な情報だったりと僕をいらつかせるので、そういった記事を書かないでください。お願いします。アメブロに限らず、例えばはてブロでもそんなものを書いている人がいたりするので楽しいインターネットです。牽制として。

で、タイトルですがユニークな記事書いてりゃユニークな人間と言えるんじゃね?ということです。例えばヘッドホンのレビューを書くならこれまで使ってきた機種を書く、環境を明記する、mp3ornotの正答率を書いておく、などいろいろユニークな記事を書く方法はあります。あなたの環境、経歴そのままそっくりな人はなかなかいないのです。

意識を引き締めて検索ノイズを生成しないように書いていきましょう。それについての承認は僕がするから欲求不満なんて考えなくていいよ。という話でした。おしまい。ばーかばーか。

*1:目に入ったアンテナはZenなんちゃらと2ちゃんまとめ系なのでとりあえずそれに限って言及します