読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋葉原行ってきた

 齊藤ハウスに行って話した結果アホさが露呈する結果になりましたとさ。めでたしめでたし。別にめでたくはない。

 10時ぐらいに秋葉原付いてフォロワーさんから教えてもらった立ち食い寿司屋で昼食をとった。小さいの1つで100円だったので一口ずつお金が溶ける感覚を得ることができ、とても良かった。webサイトには江戸時代の寿司屋が云々とか書いてあったけど小さいので江戸時代の寿司屋とは違う。江戸時代の寿司屋で寿司を食べたいならタイムトラベルをするべきだ。

 ちょっと前に興味を持っていた電脳ガジェット屋さんに行きたいなーと思って歩いたのだけど、どこだかわからず撤収。後に営業時間外だったことを知った。また行こう。秋葉原、免税店がいっぱいあって外国人観光客向けの街という印象。日本橋(大阪の方)はそんなに免税店なかったぞと思ったけどよく考えたらそこそこあった。でも日本橋のほうが居心地がいいというか静かというか過ごしやすかった。密度の差かしら。

 田舎者だからビルを見上げるのか、ビルを見上げるから田舎者なのか。それは誰も知らないし知ったところで世界に影響はない的な。都会っぽさを感じまくってたけれど、一番印象的だったのはIngressのポータルがめちゃくちゃ近いこと。めっちゃハックしたしめっちゃ攻撃した。攻撃のほうはエージェントレベルが2ということもあり70ぐらい撃ったけど何もならんかった。レベル8まではチュートリアルらしい。頑張っていこう。

 すごく早く齊藤ハウスについたので、近くのドトールだったかな、とにかく喫茶店で時間を消費した。交差点の近くに5店ぐらい喫茶店があり、需要と供給を感じる。コーヒーはわりとおいしかったけど、高すぎる。東京価格はこわい。ただ時間を消費するだけではもったいないと感じた。時間を貯めておく仕組みがほしい。無限に寝たい。時間操作技術は軍で独占せず民間にも開放してほしい。何かの利権か?

 齊藤ハウスは部屋番号を入力して呼び出し、オートロックを解除してもらう方式だった。カメラはなさそう。齊藤さんの声がした。入って目の前のエレベーターに乗り4階へ。同じ階に一つの部屋しかないようで、都会らしいなと思った。

 外に出る時記憶を消されたので内容は記事で見よう。9割ぐらい三沢さんと齊藤さんがしゃべっていたような気がする。もうちょっと話す力があればなあ。うーむ。

 あと三沢さんが魔理沙じゃなかったので騙された!って感じだった。