読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車の種類が多すぎるんじゃ!わけわからん…自分用まとめ

自転車っていろいろあってわからないんですよ。
1万円以下から買える自転車ですが、何十万もする自転車もあります。それどころか100万円超とかも。
購入を検討していてわけがわからなかったのでまとめまーす。
まずは種類
・ロードバイク
・マウンテンバイク
クロスバイク
シクロクロス
・ルック車
・シティサイクル
・通学車
こんなもんです。
大きく分けると二種類あって、スポーツ自転車とそうでないものに分かれます。
ロード、マウンテン、クロスなんかはスポーツ自転車。ルック、シティサイクル、通学車なんかはそうでないもの。
まずは非スポーツ自転車から説明。

ルック車

スポーツ自転車が好きな方からはかなり酷い評価がされてしまうものです。
悪路走行不可のものがほとんど。安い。スポーツ自転車風の自転車。
長い距離を乗るなら避けたほうが無難。

シティサイクル

あれです。ママチャリです。
サドルが低いものが多く、長い距離乗ると疲れる。
ある程度の悪路ぐらいなら走れる。

通学車

頑丈。とても頑丈。
それぐらいしか言うことがない。頑丈。
ある程度の悪路なら走れる。頑丈だから。
こいつも長い距離はムリ。


重い自転車なので長距離は基本的にキツいです。初音ミクのコスプレしながらママチャリでロードバイクぶち抜いてく変態さん(褒め言葉)もいますけどねw
さてスポーツ自転車の説明です。

ロードバイク

高い。入門モデルでも10万円ぐらい。
舗装路を走ることを想定しているのでタイヤはとても細い。
路面の亀裂、歩道への段差などでコケやすい。
盗難が怖い。
前傾姿勢がキツいため初心者は大変かもしれない。
ハンドルが独特なドロップハンドル。これも慣れるまで大変かと。
しかし舗装路での速さ、疲労感の少なさは他の自転車には無い唯一の魅力。
乗る人は1日300kmぐらい移動できるっぽい。100kmぐらいなら誰でも余裕らしい。
あとかっこいい。

マウンテンバイク

略称MTB。どんな悪路もなんのそののかっこいいやつ。
タイヤがとても太いので基本的には舗装路には向かない。
筆者はよく知らない。あんまり書けない。

クロスバイク

自転車好き偏屈おじさんの批判の的だが気にしなくて良いと思われる。
マウンテンバイクとロードバイクの中間のような存在で、走れる場所はママチャリぐらい幅広い。
5万円ぐらいからある。初心者が初めて買うスポーツ自転車にオススメしている人が多い。
盗難に怯えることは基本的にないようだ。

シクロクロス

マウンテンバイク寄りのクロスバイク。悪路に強い。
滋賀県のようなぼっこぼこの道だったらシクロクロスが良いのかもしれない。
筆者は興味が無いのであまり良く知らない。



以上適当なまとめでした。